習い事大全集
色々な習い事について書いています!
国際化の進む未来のために
現代の子供たちの習い事として大きな変化があったのが、「英会話」のランクインです。
小学校での英語教育が義務付けられる今、子供たちの将来に向けて世界の公用語である英語力を身に付けるというのは不可欠になってきています。
そしてそれはビジネス面においても同じことがいえます。
語学力のある人材は企業になくてはならない存在になり今後も需要は増えるばかりです。


●英会話●
国際化が年々進んでいっている今、英会話スクールの勢いはとどまるところを知りません。
大手スクールでは日本人講師は文法対策に、外国人講師は会話にとコースを組み分け、講師によって価格も大きく変わってきます。
しかし決められた時間にレッスンを受講するというのは難しい時があるかもしれませんね。

そんな人たちに人気があるのがオンライン英会話というものです。
パソコンさえあれば、時間帯も融通がきき、
自分の好きな時間に受講できるからです。
個人レッスンなので他の人を気にする事なく積極的に
会話をしていけるのも シャイな日本人にはオススメですね。

英会話が上達するための方法は
積極性を持つことと環境作りだと管理人は思っています。
ビジネスの場で語学力が必要な人はもちろん、渡航前、
特にワーホリ(※)などのビザで海外に行く人は、ある程度の語学力がないと就労先をみつけるのに苦労するのでしっかりとコミュニケーションがとれる力を培っておきたいところです。

(※) ワーホリとはワーキングホリデーの略で期間限定で海外で就労しながら滞在する
   ことができるビザです。
   詳しくはこちら→http://www.tuvatravel.com/report/workingholiday/syuppatsu.html


●TOEIC●
TOEIC(トーイック)は英語によるコミュニケーション能力を検定するためのテストで、
現在多くの企業が人材を雇用する際にTOEICのスコアを一つの判定基準としています。
リスニングとリーディングの2部構成で、会話内容や文書をいかに理解しているかということに重点を置いています。
これから就職をする大学生や、スキルアップをしたい社会人に人気で、
参考書はもちろんですがTOEIC対策をしているところもたくさんあります。
世界共通の英語の資格ともいえるので、機会があれば是非受験して、
スコアアップを目指していってみてください。


●TOEFL●
TOFLE(トーフル)は世界中で最も受け入れられている英語能力試験で、アメリカや
カナダ、イギリスやオーストラリアなど130か国での大学や機関で活用されています。
TOEICと大きく違う点は、TOEFLは主に英語圏への留学や研究を希望している人たちを
対象にしたテストで、大学などはこのスコアを基準に入学の可否を決定します。
TOEFLはリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングの4部から構成されていて、熟練された専門講師が試験対策にそなえます。
これから留学を考えている人には必ず必要な資格になってくるので、早めに対策をしておきましょう。



□ 記事一覧

Copyright 2013 習い事大全集 All Rights Reserved